onigiri.gif

2017年01月06日

斉藤和義とインターネットと私

あけましておめでとうございます。
気がつけば、昨年で斉藤和義ファン歴が20年を超えていました。
ネット歴も今年で20年になります。
(斉藤MLに入るためにネットを始めたので、私の中で斉藤歴とネット歴は1セット)
そんなわけで今回は思い出話。

-+-+-

1995年某月。
当時はAMラジオの音楽番組を聴いていました。その番組のゲストに来たことで、斉藤和義を初めて知ります。

喋っているのを聴いて、「変な人(好み)だなあ」と思い、「これから流すニューシングルは実話を歌にしたものらしいですね?」って話をしていて、へーどんな曲だろうって思って。

それがこの曲↓「ポストにマヨネーズ」

https://www.youtube.com/watch?v=FoV1KNodPLg&feature=youtu.be&t=3m51s
(2曲収録動画の2曲目なので、上のリンクは途中から始まるようにしてるけど、1曲目もかっこいいですぜ)

ラジオの前で悶絶して「なんじゃこりゃ〜!」「すごい変な人(好み)だー!」という強烈なインパクトが残って。
(今なら曲のかっこよさもわかりますが、この時は歌詞を聞くことに注力していたので大爆笑)

でも、その当時私は、とあるバンドのシングルを1曲だけ聴いて気に入って、アルバムを買ってみたけどイマイチピンと来なかった・・という体験をしていたので、これはちょっと慎重に見極めようと。

-+-+-

1996年。
春。その後斉藤和義が出す曲を何曲か聴いて・・シングル「大丈夫」「空に星が綺麗」「砂漠に赤い花」と。
これなら大丈夫だろうということで、まずは当時の最新アルバム『Wonderful Fish』を買い、
ああ、いいなこれは、と思い、続けて出たニューアルバム『FIREDOG』を買い、どハマりしたわけです。

その後6月に初めてライブを見に行き、さらに沼にハマります。
当時は斉藤和義と言っても「誰それ?」状態で、身近で理解してくれる人は誰もいませんでした。

一方、世間的にはインターネットが走りはじめた時期。
「J-ROCK MAGAGINE」という音楽雑誌が、WEBでライブレポートなどをアップしはじめ、斉藤もそこで力を入れはじめたアーティストでした。

それを読みたくて、ネットカフェに通ったりもしていましたが、そうこうしているうちに「素敵な匂いの世界」という、斉藤ファンサイトがあることを知ります。当時はたったひとつ存在した斉藤ファンサイトです。

そこの管理人さんが募集されていたのが、「斉藤和義メーリングリスト(ML)」です。

⬛︎メーリングリストとは?
例えば斉藤和義MLなら、斉藤好きが自分のメールアドレスを登録し、MLの投稿用メールアドレスに投稿すると、そのメールが、MLに登録した全員に送信されるという。SNSも掲示板もなかった時代に、ほぼリアルタイムで自分の送った文章を共有できたシステムです。

それに登録したくてしたくて。
ちょうど兄がMacを持っていたので、それで「いんたーねっと」というのをするにはどうすればいいだろうかと。

バイト仲間にネットやってる人がいたので、詳しく聞いて。
モデムとブラウザソフトを手に入れて、プロバイダと契約すればよい、と。
あれこれやってメールアドレスを取得し、MLに登録したのが、1997の春頃?でしょうか。

-+-+-

それで地域・年齢の垣根を超えた斉藤友達ができて。
独身の実家住みだったので、稼いだお金は全て斉藤と斉藤ファンとの交流につぎこみ。

自分でも斉藤ファンサイトを立ち上げます。
「斉藤和義大辞典」がメインコンテンツの「Waffle Wonderful Fish」。
(略してWWF。この名前は、MLの有志がスタジオに入って斉藤の曲をみんなで演奏して楽しむという、斉藤和義バン練の名前をそのままもらいました)

このブログ「3食おにぎり日記」は、最初はそのファンサイトのコンテンツのひとつでした。

でもあまりにも個人的な内容なので、個人HP(しあわせかげん)をつくり、そちらに引っ越し。
(ブログの左メニューに、ひっそりとリンクがありますよ。古くて恥ずかしいので見なくていいですけど)

そのうちに、斉藤も売れ始め、情報過多になり、斉藤和義大事典の更新がままならなくなって、ホームページ「WWF」は閉じることとなり・・。

個人HPとこの日記が残りました。それが2000年のことです。

さてその個人HPも、契約しているケーブルインターネット会社のサービス停止により、1月でどうやら消されてしまうようです。以後はこのブログ「3食おにぎり日記」だけが残ります。

まあそれも今やほぼ放置状態ですけど・・・てへ(汗)。
posted by まい at 02:18| 大阪 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする